HORITSU.COM :: The US Immigration Laws
HOME
IMMIGRANT
NON-IMMIGRANT
PROCESSING TIME
FAQ
FORMS
OTHERS

FAQ / LIGHTHOUSE ARTICLES:

(#223-07/01/04)

第223回
米国外で生まれた子供の滞在許可と市民権取得


永住権があれば子供も合法的な永住権保持者に

Q 私は米国の永住権を保持していますが、現在妊娠中で日本に帰って出産する予定です。生まれてくる子供は私と一緒に米国に戻ってくることができますか?

A 移民法によると、米国の永住権を保持している母親が一時的に外国に滞在していた間に生まれた子供は、いくつかの条件を満たしていれば、合法的な永住権保持者として米国に戻ってくることができるとされています。その条件とは、まず米国滞在の許可申請を子供が2歳になるまでに済ませておくこと。第2に、子供が生まれてから米国に初めて親が戻ってくる時に、米国の永住権保持者として親が入国許可を受ける時にその子供を同伴していること。第3に、親が米国の住居を放棄していないなど、再入国の資格や理由を保持していること。さらに、米国への入国に際しては、子供の出生証明とパスポートが必携となります。
 またこのような場合、利用する航空会社の搭乗規則を確認することも得策です。法的には必要ないものですが、航空会社によっては、米国大使館から子供を飛行機に乗せてもよいという許可の手紙を要求してくるところもあるからです。

Q 私は永住権を持っていますが、日本で生まれた子供は米国の市民権を取得できますか?

A ご存じの通り、アメリカ合衆国憲法第14条には、「合衆国で出生、また帰化したすべての人は、米国市民である」とうたわれています。よって、米国で生まれた場合は、子供は親の国籍にかかわらず、自動的に米国市民となります。

 しかし、米国外で生まれた子供も米国市民になりえるということを知らない人は、数多くいます。あなたの場合、もし父親が米国市民であり子供が生まれる以前に最低5年間米国に住んでいたのであれば (その5年のうち少なくとも2年は14歳以降)、子供は米国市民権を米国大使館を通して申請することができます。この5年以上の米国滞在という条件は、米国市民である父親のみとは限っていません。これは永住権保持者の親であってもよいわけです。

 子供の父親があなたと共に日本にいる場合は、できるだけ早期に子供の出生を大使館に報告すべきです。以下のような書類を提出することになります。
? 子供の出生届け記載事項証明
? 父親の米国パスポート
? 両親の結婚証明
? 過去の結婚の無効証明
? 子供のパスポートサイズの写真
 すべての書類には英語の翻訳を添付してください。

 また5年以上の米国滞在は以下の書類で証明できます。税金申告書(アメリカのもの)、学校の記録/報告書、雇用証明書、アパートの賃借契約書、パスポートのスタンプなど。

Q 子供を生んだ後、しばらく日本にいるつもりですが、何年間くらい滞在していることができますか?

A 日本に6カ月以上いる場合は、米国を出国する前に再入国許可証を申請しましょう。I-131というフォームを申請し、普通2年間有効です。申請を怠ると、永住権放棄と見なされ、永住権を失ってしまいます。

条件さえ満たせば自動的に米国市民に

Q 日本で生まれた子供も、自動的に市民になれると聞きましたが?

A 2000年10月30日、クリントン大統領は、養子を含む外国生まれの子供にも、特定の条件さえ満たせば市民権を自動的に取得させることができるという法律に署名をしました。この法律は2001年2月27日から施行されました。

 これにより、養子を含む特定の外国生まれの子供たちで米国内に永続的に居住している者が、自動的に市民権を取得できるようになりました。条件は以下のように設定されています。
? 少なくともどちらかの親が出生、もしくは帰化による米国市民であること
? 18歳以下であること
?米国市民である親の保護下に、その子供が米国に現在永住していること
?子供自身が永住権保持者であること。養子の場合は移民法の下、合法的な存在であること

Q 市民となった子供はその証明、例えばパスポートなどが自動的にもらえるのでしょうか?

A いいえ。市民権の証明が子供たち
に自動的に発行されることはありません。証明を希望する場合は、先に挙げた条件を満たす子供たちの親が、子供のパスポートを申請してください。

BACK TO TOP