HORITSU.COM :: The US Immigration Laws
HOME
IMMIGRANT
NON-IMMIGRANT
PROCESSING TIME
FAQ
FORMS
OTHERS

FAQ / LIGHTHOUSE ARTICLES:

(#216-03/16/04)

第216回
日本のアメリカ大使館でビザを申請するには・・・?


 Q 日本でH-1Bビザを申請することになりました。アメリカ大使館に非移民ビザを申請するアプリケーションフォームが必要だと聞きましたが、このフォームはどうやったら手に入りますか?

 A すべての非移民ビザ申請者は「オンライン入力式ビザ申請書(EVAF DS-156)」 を提出しなければなりません。

 日本国内のアメリカ大使館で非移民ビザを申請する際に必要な申請は、オンライン(http://japan.usembassy.gov/e/visa/tvisa-7134.html)でできます。

 このオンラインシステムを利用することで、申請プロセスを迅速に行うことが可能です。このオンライン入力式ビザ申請書を利用するには、128ビットのインターネットブラウザーが必要です。インターネットエクスプローラー(Windows)を使用している場合は5.0サービスパック2以上、ネットスケープの場合は6.2以上の環境が必要です。そしてDS-156をダウンロードし、印刷するにはアドビ社のアクロバットリーダー5.0以上がインストールされていなければなりません。

 オンライン入力式ビザ申請を行う場合は、上記のウェブサイトにアクセスし、必要事項をすべて英語で入力します。入力した情報がすべて正しいか確認したら、そのページの最後にあるContinueのボタンをクリック。アクロバットリーダーが起動し、フォームが表示されたら、申請書を印刷します。そのページの下にあるバーコードに入力した情報が含まれていて、この情報を直接読み込むことで、大使館での手続きが迅速化されます。面接時には、すべてのページを持参するようにしてください。

 Q アメリカ大使館での面接の際、DS-157という書類を持ってこなければならないと聞きました。この書類はどこで手に入りますか? また、この書類は全員提出しなければいけないのでしょうか?

 A アメリカ大使館での面接の際に課されるDS-157(非移民ビザ補足申請書)の提出は、以前は16歳以上45歳以上の男性のみと限定されていたのですが、去る2月1日より、男女を問わず16歳以上のすべての申請者に課されることになりました。この書類は、アメリカ大使館のウェブサイト(http://japan.usembassy.gov/e/visa/tvisa-7134.html)でダウンロードすることが可能です。

 申請書の作成が困難な場合は、旅行代理店またはビザインフォメーションライン(03ー5354ー4033)におかけください。

 Q 大使館でのビザの申請はいつごろ始めればよいでしょうか?

 A ビザは早めに申請することをお勧めします。特に春、夏の旅行シーズンを控え、ビザ申請者の増加が予測されます。また、最近のビザ手続におけるさまざまな変更に伴い、審査期間がこれまで以上に必要となっています。

 この春、夏に商用、留学、休暇等で渡米を予定していて、大使館でのビザ申請が必要な場合、出発予定日の少なくとも4週間前までに面接を受けられるように予約をしてください。面接の予約は3カ月先までの日程でできます。

 学生、または交流訪問者ビザを申請している人は米国内の受入校・機関からI-20、DS-2019が届く前に面接予約することができます。ただし、面接日にはI-20やDS-2019を持参する必要があるため、I-20等が手元に届く日程を見込んで予約することをお勧めします。
 また、アメリカ大使館では、待合室のスペースが限られているため、17歳未満の子供を連れてこないように呼びかけています。
*国土安全保障省の規定により、学生(F・M )、交流訪問者(J)ビザを取得した場合、I-20やDS-2019に記載されている登録日、またはプログラム開始日の30日、またはそれ以前に米国へ入国することは許可されていません。ビザを受領するまでは航空券の購入は控え、入国日には十分ご注意ください。

 Q 非移民ビザ申請のための面接はどうやって予約するのでしょうか?

 A 2004年2月1日より、米国大使館では非移民ビザ申請のための面接予約受け付けを大使館のウェブサイトで開始します。これまでの電話による予約は利用できません。予約が必要な方は「ビザサービス」の面接予約ページをご覧ください。(http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-interview3.html

 このサービスは無料です。なお、面接が必要なのは非移民ビザを申請する方のみです。日本国籍の方でビザ免除プログラムを利用して渡米する方はビザ申請の必要はありません。

 面接時に必要書類が揃っていないと面接を受けることができません。その場合は再度予約が必要となりますのでご注意ください。

*下記の大使館のウェブサイトで、面接時に必要な書類について、確認できます。
http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-interview3.html

BACK TO TOP